Golden Strada シリーズ

Golden Strada その成り立ちと特徴

Golden StradaのStradaはイタリー語(イタリア語)の「道」を意味します。
ナノテック・システムズは長年にわたり、ナノサイズ(100万分の1ミリ)の貴金属・超微粒子を電気接点の改質・改善に活用してきました。その技術を生かし、オーディオ・ビジュアル用ケーブルに応用した製品群をGolden Stradaシリーズとして開発、2006年より発売いたしました。

一般のオーディオ・ビジュアル用ケーブルには、高純度銅が導体(電流を通す物質)として使われています。導体の表面は無防備で、どうしても空気中の酸素により酸化され純度も低下し、特に高周波帯の信号が主に流れる部分の純度低下が問題になっています。

そこでナノテック・システムズでは、大切な導体表面に深海鮫の肝臓から取り出されたスクワレンオイルを精製し、水素添加により安定化されたスクワランオイルに、国産の金(および銀)のナノサイズの超微粒子を分散させたコロイド液を塗布・含浸する技術の量産化に成功しました。

金・銀の超微粒子を分散させたコロイド液は、ケーブルにどのような変化・改善をもたらすのか?

導体の表面は、一般に表皮効果と呼ばれ、電流は周波数が高ければ高いほど導体の表面を流れる性質を持っています。導体の表面に上記コロイド液を塗布・含浸することで、導体表面から放出される電子のいたずらを抑え、導体から導体へ飛び移る電子が表面の酸化膜の影響を避け、飛び移る際に酸化物によって歪みを発生させることを最小限に抑えます。

結果として高周波のみならず、いわゆるオーディオ帯域においても、このコロイド液が導体を流れる電流をより低歪みにし、音と映像をより好ましく変化させてくれるのです。もちろん導体表面のみではなく、導体のまわりにある絶縁物や導体の太さ、あるいは導体に流れる電流によって発生する不要な振動を抑えることも音質・画質に影響します。

ナノテック・システムズのゴールデン・ストラーダシリーズは設計・試聴を繰り返し、リスナーにとって好ましい低歪みでパワフル、広い帯域にわたって良質な音質・画質を実現しているのです。

当社製品テスト

製品テスト1添加剤で燃費はどのくらいアップするのか ―Ag2000M3・FuelMAXG2―

ガソリン高騰が続き、バイクや車ユーザーの懐を直撃する時代になってきましたが、エンジンオイル添加剤やガソリン添加剤で、どのくらい燃費が伸びるかを実走テストをしてみました。

使用した添加剤はエンジンオイル添加剤に「Ag2000M2」、ガソリン添加剤には「FUELMAX G2」。車両はトヨタのシエンタ(1500cc)を採用。燃費の計測はインジェクターの通電時間により吐出量を算出し、これと走行距離を合わせた性格な燃費といたしました。満タン法だと入れる量などの差が出てしまい5~10%誤差が平気で出てしまいます。また走行場所も同一条件を作るため、高速道路の一定期間を計測場所としほぼ同一速度になるようにして計測しました。

まず基準になるノーマルの燃費を計測します。高速の料金所で燃費計をリセットしてスタート。速度は80~90km/hでアクセルの開閉はできるだけスムーズに行い、無駄な不可をかけないようにします。計測B地点までは比較的平坦なため、燃費はどんどん伸びていきます。そこから計測C地点までが若干の登り。そこから緩やかな下りがあり、計測E地点からは登りとなります。だいたい計測期間のトータルは100km程度となります。ベスト燃費は17.1km/L。トータル燃費が16.8km/Lという数値が出ました。これを基準に燃費比較をします。

エンジンオイル添加剤Ag2000Mで燃費計測

エンジンオイルにAg2000M3を添加します。使用しているオイルはトヨタ純正のもの。また添加後500kmほど走行後に同条件で燃費計測をしました。ベスト燃費はノーマルと同じく計測C地点で20.1km/L。この時点でノーマル比18%の燃費向上というデーターが出ました。トータル燃費では19.1km/Lでノーマル比13%の燃費向上になります。

ガソリン添加剤FUELMAX G2を追加

続いてガソリンにFUELMAX G2を添加し、再び同条件で燃費計測をします。ベスト燃費は計測E地点で22.9km/L。トータル燃費で22.8km/Lというデーターが出ました。

テスト総評

製品テスト1結果 : 添加剤併用でトータル35.7%の燃費アップ達成

グラフの高さの幅、山の形などをみると添加剤による効果の傾向が見て取れます。エンジンオイル添加剤のAg2000M3の場合には、どちらかというとノーマルの燃費傾向をそのまま全体的に引き上げた効果が出ているのに対して、ガソリン添加剤FUELMAX G2の場合には登り勾配での燃費の向上率が大きいのがわかります。つまりガソリン添加剤FUELMAX G2の場合には、トルクが必要な部分でのアップ率が高いということになります。このように燃費向上の傾向が異なるエンジンオイル添加剤とガソリン添加剤を併用することで、相乗効果による全域に渡る大幅な燃費アップが実現できました。

製品テスト2エンジンオイル添加剤でエンジンパワーはアップする? ―4スト用エンジンオイル添加剤Ag-BIT―

エンジンオイル添加剤には賛否両論あります。「嫌な物は嫌」、「添加剤はインチキ臭い」、「添加剤を入れるとオイルのバランスが崩れる」、「添加剤は効果無し」、「本当にいいならオイルメーカーが採用している」などなど。

まずエンジンオイルはベースオイルに各種添加剤を混入し、そのオイルの性能を作っています。つまりエンジンオイルは添加剤のかたまりで、その添加剤のおかげで性能を発揮しているということを知っておいてください。次にオイルメーカーはあくまでも売れる価格帯の商品を作っているわけで、「いい添加剤だが高くて使えない」、「もっと入れれば効果あるが高くなってしまう」そういった足かせもあることを知っておいてください。

ただし、わけのわからない添加剤も数多くあるのも確かです。またすでにオイルに入っている添加剤との相性が悪いものもあるのも確かです。また、性能は上がるのだけど、結果的に寿命を短くしてしまうものもあるというのも確かです。

しかし、これをもって「添加剤=効果無し」と決めつけるのも問題でしょう。さらに「効果が無い」と言い切る人の大半が、「体感できなかったから」というのが理由です。

ですが「効果があるのに体感できない」場合はどうでしょうか?実は10%未満の性能UPを体感できる人は少数派なのです。体感するための方法はいくつかあるのですが、一番簡単なのがシャーシダイナモなどでのパワー計測です。仮にこれでパワーUPしていても、「効果は無い」と断言してしまう人もいるわけですが、客観的なデータにはなり、効果を視覚的に理解しやすい方法といえるでしょう。

今回はAg-BITをスズキGOOSE350という空冷単気筒マシンに入れて、実際にパワーデーターはどうなるかというのをテストしてみました。GOOSEのオイル容量は1900ccなので、Ag-BITを2本入れて計測します。

  • 1

    エンジンを暖機してオイルを暖め、エンジンを停止してからAg-BITを入れ、給油キャップを締めてからエンジンを再び始動し、Ag-BITの混ざったオイルがエンジン各部に行き渡るようにします。

  • 2

    Ag-BITの効果を発揮させるには、混入後30キロぐらいランインして、エンジン各部にAg-BITの成分を定着させてやると、その差がはっきり現れてきます。

  • 3

    ダイノマシンでデーター計測した結果は、エンジンパワーで4.6%、エンジントルクで4%のアップとなりました。またエンジンのメカノイズも小さくなりますが、これはシリンダーとピストンのシール効果が高まり圧縮が向上したこと、またシリンダーとピストンの隙間だけではなく、オイルの入り込む部分のダンパー効果が高まった結果と思われます。またエンジンオイル自体が高性能であればあるほど、添加剤の効果は弱めになる傾向があります。このテストに使われたオイルはカストロールR4というオイルなので、一般純正オイルならば5%以上のパワーパップが可能と推測されます。

  • 1
  • 2
  • 3

製品テスト2結果 : エンジンパワーで4.6%、エンジントルクで4%のアップ達成

製品テスト3電気接点の抵抗値を減らすとパワーはアップする? ―電気接点改質向上剤 Silver Contact―

まず電気接点の接続抵抗が低くなると、電力供給先への電力ドロップが低くなります。単純に考えるなら電気を送る経路で抵抗が10%増えると、供給先への電圧は10%低くなると思ってください。電圧が10%低くなると、電力供給先の仕事量も10%低下します。

ではこれをふまえ、実際にどう使うと効果があるかを考えてみましょう。まず電力の供給元はパッテリーで、そのバッテリーターミナルから各部に電気が送られます。ですからこのバッテリーターミナル接続部の「接点」にSilverContactを塗ります。次にエンジン性能に影響を与える電気部分への塗布です。これはスパークプラグへの着火がとても重要になり、この着火パワーが強くなれば、以下のようなエンジン性能の向上が見込めます。

  • エンジンの始動性
  • エンジンの加速性能
  • エンジンの燃費性能

つまりエンジン全般の性能を、向上させることができるようになります。手軽な方法はスパークプラグに塗布する方法で、イグニッションコイルで昇圧された電圧をハイテンションコード、プラグキャップを介してスパークプラグの端子部分に伝えます。この端子接続の接触抵抗を減らし、またスパークプラグのマイナス接続はスパークプラグの金属ネジ部からねじ込まれたエンジンのシリンダーヘッドへとなります。そのためスパークプラグの金属ネジ部にSilverContactを塗布します。これでスパークプラグのプラスとマイナスの電気接続部の抵抗を下げることができ、スパークプラグの着火を強くすることができるわけです。

  • 1

    テスト車両は、今回御協力頂いたファイヤーガレージさん所有のHONDA VTR1000F。レースに使用されているもので、メンテナンスやセッティングも完璧に行われています。

  • 2

    まずバッテリーのプラスターミナルとマイナスターミナルの接続面に、SilverContactを塗布します。バッテリーは車両電源の基本になる部分ですから、ここへの塗布が電装パーツ全般的に効いてきます。

  • 3

    エンジンパワーに一番影響を与えるのは点火系です。できるだけ強い火花を飛ばすかが主眼になるので、スパークプラグのネジ部とターミナル部に、SilverContactを塗布します。

  • 4

    計測は日本でもっとも普及している、米国ダイノジェット社のダイノマシンを使って行いました。データーの誤差を減らす意味でも複数回の計測をスタンダード状態で行い、安定したデータを取ります。

  • 5

    ダイノマシンの台上で加速を行うと、後輪部のローラーが駆動して、その駆動力を計算してエンジントルクを算出。PC上で下記[5]のような図として表示。上段は縦軸がパワーとトルク、横軸が回転数。グラフとしては急激に立ち上がっている側がトルク、なだらかに上がっていく方がパワーということになります。下段は空燃比をA/Fセンサーで検出したA/Fデータ。縦軸がA/Fで横軸が回転数。A/Fは高いほど混合気が薄い状態で、低いほど混合気が濃い状態となります。

    パワーとトルクのグラフでは線の差程度にしか分らないと思うので、A/Fのグラフを見ながら補足していきましょう。
    エンジンの性能は燃焼に現れます。そのためパワーではわずかな差であっても、燃焼に変化があらわれれば空燃比や排気ガスに現れます。それをふまえてA/Fのグラフを見てみましょう。最初の加速領域では急激にアクセルを開けることにより、混合気が著しく薄くなります。ここでもSilverContactを塗布した側が薄くでていますが、分かりやすいのは3,000回転ぐらいからです。この回転域から6,500回転ぐらいまでは、かなりA/Fが薄く出ているのが分かると思います。一番薄くなっている4,000回転でのトルクは、塗布前では谷があったのに対して塗布後はトルクの谷が消えています。Vツインの場合にはこの回転域を多く使いますが(市街地)、A/Fで1割以上薄くなっているということは、同様の使い方をしたとして燃費も1割以上向上するということになります。パワーグラフで見ると約2%のパワーアップが計測できました。

    電装系にケミカルを塗るだけでパワーが上がるとは一概に信じられないでしょうが、バッテリーが劣化して電圧がドロップしたり、スパークプラグが劣化磨耗したらどうなるでしょうか。当然エンジンは不調になりパワーダウンとなります。ですから逆にSilverContactで通電抵抗を低くすると、エンジン性能を高めることができるわけです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
電話:03-5825-6936 メールフォーム
このページのトップへ